右図I - 1

I 印南八幡の最大の見せ場は、「川渡り」。

まずは、各地区の”のぼり”が川を渡ります。

 印南八幡(東山口)の祭りでは、「印南八幡神社」での獅子舞いなどの奉納のあと、4地区(光川、宇杉、本郷、東山口)の屋台と神輿(みこし)が、印南港の御旅所までの道中をせり合います。 その途中の印南川に差し掛かると、各地の屋台が勇壮に「川渡り」をします。

 これより先に、各地の”のぼり”が、のぼりを立てたまま、印南川を渡ります。

 

 

 

 

 

====== 本宮(10/2)午後 のぼりの川渡り ======

 

クリックで拡大します・・・  クリックで拡大します・・・ クリックで拡大します・・・

クリックで拡大します・・・  クリックで拡大します・・・

(クリックで拡大します)

次へ