第1222号 
(2012/01/13() 19:30 更新)

〜  水戸黄門の黒い裏側に驚き。  〜

4代目『水戸黄門』石坂浩二
  短命降板の裏にあった東映撮影所と暴力団との黒い癒着


 TBSで40年以上にわたり放送され、国民的時代劇ドラマといわれた『水戸黄門』シリーズ。12月19日の放送でその幕を閉じた。かつて黄門さま役を務めた石坂浩二だが、彼と親しい役者によると、"石坂黄門"が短命に終わったのは、東映京都撮影所を裏で支えてきた暴力団との関係を石坂が拒絶したために降板させられたというのだ。

 『水戸黄門』は1969年に、水戸黄門役を東野英治郎が演じてスタート。2代目は、それまで悪役専門だった西村晃が演じた。3代目は佐野浅夫。4代目の石坂から5代目の里見浩太郎にバトンタッチされて最終回を迎えたが、5人のうち石坂だけが、登板期間が2年余りと短命だったのが気になっていた。

 石坂は2001年の29部から登場。石坂本人の希望もあり、トレードマークであった長いヒゲを排し、衣装もマイナーチェンジ。"石坂黄門"色を前面に押し出したことで、旧来の視聴者の間に物議を醸したことは記憶に新しい。しかし、シリーズ30部からは局側の強い意向で、ヒゲをつけて登場。石坂と制作サイドの対立をうかがわせた。

 その後、石坂は直腸がんのために検査入院。入院中にテレビ局のインタビューに、「『水戸黄門』を続けるのはちょっと無理かな」との発言をして、里見浩太郎にバトンタッチされた。TBSは、表向きはがんを降板理由にしたのだ。

 ところが、直腸がんを摘出手術して退院後、石坂はマスコミのインタビューに完全回復をアピールしながら「面倒臭い仕事がなくなって爽快。撮影場所の京都が暑いと、ざまぁ見ろと思う」などと発言して周囲をドキッとさせた。石坂と親しい俳優は筆者に「まさか暴力団との関係が面倒臭いといえないでしょ」と語る。

 太秦にある東映京都撮影所は、暴力団のM組が裏で仕切っているという話は映画関係者の間では周知の事実だった。撮影所のスタッフも、M組に世話になっていたことから、主演を張る役者はM組に挨拶に行って、関係を保っていかないとスムーズに撮影が進まない。歴代の東映のスターはすべて、M組との関係を良好に築いてきたという。

 しかし、石坂は暴力団が嫌いなこともあって、あいさつに行かず、関係を拒否したという。石坂が「面倒臭い仕事」と言ったのは暴力団との交際だったのだ。

 これを拒否した石坂はTBSに降板させられたが、勇気ある決断だと思う。11月22日に京都撮影所は「暴力団排除」宣言をしたが、遅きに失した感がある。もし、10年前に暴排宣言していたら、斬新な"石坂黄門"は短命に終わらず、シリーズ自体もまだ続いていたかもしれない。そう思うと、なんとも悔やまれる降板劇といえよう。(日刊サイゾー)

 

ジョン: 「銭形平次や遠山の金さん、暴れん坊将軍はどうなんだ・・・」







 

今日の体重= 0.00kg 



















 

 

   

 

〜 コメント 新規入力欄 〜 
(一言、コメントなど、ご自由にお寄せください。) 

 (題名): (必須)
  ◆貴方様のお名前(又はニックネーム)をご入力下さい。(必須)
    (お名前): 
  ◆コメント、ご意見など、ご入力下さい。(Enterキーで改行)(必須)
    (コメント): 
  ◆パスワードを登録して下さい。(必須)  ・・・このコメントを修正/削除時に使用します。
    (パスワード):  (・・・半角英数の4桁〜10桁)
  ◆投稿画像がある場合は、下の[参照]ボタンから画像ファイルを指定してください。(任意)
    (画像ファイル): 
※投稿可能な画像形式 : 静止画=jpg, jpeg, gif, png。 動画=wmv, mpg, mpeg。
※画像のファイル容量 : 1MB未満。(1メガバイト未満)
※画像の縦・横サイズ : 制限はありませんが、表示時に縦・横320ピクセル以内に縮小されます。