第1300号 
(2012/03/30() 23:00 更新)

〜  郵便事業会社で前代未聞の不祥事  〜

配達しなかった郵便物を郵便事業会社の支店長らがシュレッダーで処分


 前代未聞の不祥事が郵便事業会社で起きた。

 昨年5〜11月、郵便事業会社三島支店(静岡県三島市)で、配達員がはがきや封書などの郵便物100通以上を配達せずに隠し、事実を知った当時の支店長らが協議の上、隠ぺいのため一部をシュレッダーにかけて処分していたことが3月28日に分かった。

 同社によると、三島支店韮山集配センター(伊豆の国市)に勤務していた期間雇用社員の30代の男性配達員が昨年5〜11月、同市内のアパートの使われていない集合受け箱2カ所に郵便物100〜200通を隠していた。

 顧客の申し出で、昨年11月にこの事実を知った当時の支店長ら7人は対応を検討。隠された郵便物のほぼ半数は「誤配が理由で配達が遅れた」と偽って配達したが、残った郵便物は支店長ら5人がシュレッダーで処分した。

 2月23日に内部告発で発覚し、同社は支店長や業務企画室長ら3人を今月12日付で懲戒解雇。他に課長ら4人を停職の懲戒処分とした。問題の男性配達員は昨年11月に退職していた。

 同社東海支社の西原由哲支社長は「過去に例をみない前代未聞の不祥事。再発防止に全力で取り組む」と話している。

 それにしても、ひどすぎる。これまでにも、配達員がちゃんと配達をしなかった不祥事は度々あった。しかし、その配達されなかった郵便物を、支店のトップが隠ぺいのため処分するなど、言語道断の不祥事である。郵便事業会社の社員は正規、非正規を問わず、自分たちが置かれている立場をもっと理解すべきである。(リアルライブ)

 

ジョン: 「過去に例をみない? ほんとか?・・・」







 

今日の体重= 0.00kg 



















 

 

   

 

〜 コメント 新規入力欄 〜 
(一言、コメントなど、ご自由にお寄せください。) 

 (題名): (必須)
  ◆貴方様のお名前(又はニックネーム)をご入力下さい。(必須)
    (お名前): 
  ◆コメント、ご意見など、ご入力下さい。(Enterキーで改行)(必須)
    (コメント): 
  ◆パスワードを登録して下さい。(必須)  ・・・このコメントを修正/削除時に使用します。
    (パスワード):  (・・・半角英数の4桁〜10桁)
  ◆投稿画像がある場合は、下の[参照]ボタンから画像ファイルを指定してください。(任意)
    (画像ファイル): 
※投稿可能な画像形式 : 静止画=jpg, jpeg, gif, png。 動画=wmv, mpg, mpeg。
※画像のファイル容量 : 1MB未満。(1メガバイト未満)
※画像の縦・横サイズ : 制限はありませんが、表示時に縦・横320ピクセル以内に縮小されます。