第1470号 
(2012/09/07() 19:20 更新)

〜  韓国軍の竹島上陸中止に米の圧力  〜

韓国軍:海兵隊の独島上陸訓練中止、米国の圧力が影響か


 独島(日本名:竹島)防衛訓練の一環として予定されていた海兵隊による上陸訓練が中止となったことについて、大統領府(青瓦台)の幹部は4日「李明博(イ・ミョンバク)大統領による独島訪問により、わが国による独島防衛の強い意志は十分に伝わった。そのため海兵隊が独島で訓練を行っても『過ぎたるはなお及ばざるがごとし』と判断した」と述べた。

 訓練中止の背景として、中国をけん制するため韓米日の協力強化を目指す米国の思惑が反映しているという。

 米国は韓日両国の対立が深まった先月10日以降、数回にわたり「韓日両国の対立は不都合」とのメッセージを伝えてきた。米国務省のヌーランド報道官は先月23日「韓日間の対立は米国にとっては間違いなく不都合」「この問題(独島領有権)は平和的な協議を通じて解決すべきだ」と主張した。

 韓国政府が海兵隊の上陸訓練中止を決める直前の先月30日、米国務省の幹部は、クリントン国務長官のアジア太平洋地域歴訪をめぐるブリーフィングで「われわれは(両国に対し)この問題の取り扱いに『自制と落ち着き、政治的手腕』を発揮することを求める」と述べた。また、今週末にロシアのウラジオストクで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議も、今回の訓練中止決定に影響したようだ。「首脳会議を前に韓日両国の緊張が高まるのは望ましくない」との判断が作用したという。

 日本の玄葉光一?外相は4日の会見で「安全保障上、韓日間の協力関係は非常に重要だ」とした上で「韓国の次期政権にできる限り影響を及ぼさない方法も考えなければならない」と述べた。(朝鮮日報)

 

ジョン: 「米国様さま・・・」







 

今日の体重= 0.00kg 



















 

 

   

 

〜 コメント 新規入力欄 〜 
(一言、コメントなど、ご自由にお寄せください。) 

 (題名): (必須)
  ◆貴方様のお名前(又はニックネーム)をご入力下さい。(必須)
    (お名前): 
  ◆コメント、ご意見など、ご入力下さい。(Enterキーで改行)(必須)
    (コメント): 
  ◆パスワードを登録して下さい。(必須)  ・・・このコメントを修正/削除時に使用します。
    (パスワード):  (・・・半角英数の4桁〜10桁)
  ◆投稿画像がある場合は、下の[参照]ボタンから画像ファイルを指定してください。(任意)
    (画像ファイル): 
※投稿可能な画像形式 : 静止画=jpg, jpeg, gif, png。 動画=wmv, mpg, mpeg。
※画像のファイル容量 : 1MB未満。(1メガバイト未満)
※画像の縦・横サイズ : 制限はありませんが、表示時に縦・横320ピクセル以内に縮小されます。